なぜこのサイトを作ったか。そんなことを考えています

- :focus:テキストボックスなどにフォーカスが当たった場合。記入中のやつとか。 - :checked:ボタン系が押されてる時。 - :enabled:有効になっている時。 - :disabled:無効になっている時。フォーム系でタグの中にdisabledって描けば無効になったりする。それ。 順番指定する系は以下。微妙な違いに注意。 - :first-child:最初の子要素。子要素と言うとわかりにくいが、兄弟要素の中で一つ目のもの。ただし、例えばp:first-childと指定したが、pタグの兄弟要素の一つ目がdivだった場合にはpでは選択されないので、正確に選ぶことができない。これを解決するのが、:first-of-typeである。 - :last-child:最後の子要素。 - :nth-child(n):最後のnの中に数字とかeven、oddを入れることができる。 - :nth-last-child(n):↑の後ろから数えたバージョン - :first-of-type:似ているが微妙な違いがあるので、:first-of-childの説明を参照。 - :last-of-type:上と同じ感じ。 - :nth-of-type(s):上と同じ感じ。 - :nth-last-of-type(s):上と同じ感じ。 - :first-letter:最初の文字。 - :first-line:最初の行。これは、ウィンドウのサイズが変わって改行一が変わってもいい感じに一行目だけに適用してくれる。 - :before:直前に文字とかを挿入したい時。 - :after:直後に文字とかを挿入したい時。 - :not(s):sにはセレクタが入り、s以外のタグ全てに適用される。例えば、pタグのうちblueクラスに属さないもの全てはp:not(.blue)の様に指定できる。 - :only-child:兄弟要素が自分以外にない場合に選択される。 - :only-of-type:同じタイプの兄弟要素が自分以外にない場合に選択される。 その他 - :lang:言語を指定できる。pタグとかではlang属性によって言語を指定できるが、その属性を使って選択できる。例えば、p:lang(en)とか。 - :empty:空要素に対して適用できる。表とかで使うと便利。

Latest

最新記事をもっとみる >

Math & Physics

  • 「物理学におけるリー代数」 2章のメモ Part 1

    どんな章か 物理学で頻出のリー群やリー代数の概念とその一般的な構造について概観した後に、それらが一章で導入した表現論の視点から解釈をできるという事を論じる。 論理の流れ リー群 リー群の定義は、要は滑らかな群である。wi […]

  • 「物理学におけるリー代数」1章のメモ Part 2

    これは、Part 1の続きです。 内容 表現論に関する基本的な定理たち 以上で基本概念の定義と応用例の大まかなイメージを与えた。そこでは証明なしでいくつかの主張を記した。その証明の概略等をここでは与えるかもしれないし、そ […]

  • 「物理学におけるリー代数」1章のメモ Part 1

    どんな章か リー代数に関する数学的な性質とか、物理学への応用とかを語る為に必要な代数学とかの基本事項の定義をしたり、あとはその具体例を与えたりする。ひとまずは特に、「表現」と呼ばれるものが何かを抑えればいいでしょう。 内 […]

  • 最新記事をもっとみる >

Others

  • 【驚きの展開】おはよう。

    こう、最初に投稿する時って、面白いタイトル付けようとするとなかなかハードル高いですね。無難な候補にはどんなのがあるでしょうか。 はじめの一歩。 はじめまして。 こんにちは。 とかかな。まあ、少しくらい捻りたいし、「こんに […]

  • 最新記事をもっとみる >